酵母菌と乳酸菌の違いは?

スポンサードリンク

酵母菌と乳酸菌の違いは?

酵母菌と乳酸菌の違いは何なのでしょうか。
どちらも共通して、食品を発酵させる微生物であるということは違いがありません。

 

酵母菌も乳酸菌も、食品の発酵をさせるならなくてはならない微生物なのでどちらも一緒だと思われがちなのですが、糖質から作り出す物質に違いがあります。

 

微生物は糖質を代謝していることで色々な成分ができるのですが、乳酸菌は菌そのものの成分の合成、生育に必要となるエネルギーを取り入れることで乳酸ができます。

スポンサードリンク

乳酸菌と酵母菌

その一方で酵母菌の場合には糖質が代謝してアルコールと炭酸ガスが作られるのです。
乳酸菌はアルコール濃度が高ければ死滅してしまいますが、酵母菌は酸性の環境がすきなので乳酸が豊富な場所でも行き続けられるのです。

 

詳しいことを言い出すとちょっと混乱しそうですが乳酸菌と酵母菌は発酵には欠かせないものでありながらもまったく違う性質を持っているということです。
今両方を混ぜた製品ケフィアも販売されています。

 

ケフィアは乳酸菌だけで作られたヨーグルトではなくて乳酸発酵と酵母によってアルコール発酵おきて二つの相互作用で作られているのです。
栄養価も普通のヨーグルトよりも高いですし美容にも健康にも効果的なのです。

スポンサードリンク

酵母菌と乳酸菌の違いは?関連ページ

酵母ダイエットとは
酵母を体内に取り入れると、便秘の解消になったり脂肪燃焼効果がありますので、それが酵母ダイエットの原点です。
酵母の飲み方
酵母というのは腸の中の働きを活発にしてデトックス効果をもたらしてくれますし、体の中で膨張して、満腹感も促す効果もありますので、できれば空腹の、食事の前に飲むのが一番酵母の飲み方としていいタイミングです
天然酵母、人口酵母
酵母には天然酵母と人工酵母の2種類がありますが、この違いは何なのでしょうか。
酵母菌の種類は?
酵母菌の作用は種類によっても色々と違いがあり、最近は作る製品にあわせた、最適な酵母菌を選んで純粋培養を行っているのが特徴です。